C型肝炎について知ろう!

C型肝炎って何ですか

  • C型肝炎はC型肝炎ウィルスに感染して起こる病気です。
  • C型肝炎は慢性化しやすく、C型肝炎ウイルスに感染した人の約7割が慢性肝炎と移行し、放置しておくと肝硬変や、肝がんへと進展することがあります。
  • C型肝炎は、血液を介して感染し、血液検査によって、C型肝炎ウィルスに感染しているかどうかが判明します。近年では、次々と新薬が開発されており、治る病気という認識に変わりつつある症状です。

C型肝炎に感染するとどうなりますか

  • C型肝炎ウイルスに感染すると、後に約70%の方が慢性肝炎を発症します。その後、およそ20年で約30~40%の人が肝硬変と移行し、
    そのうち約7%の方が肝がんへと進行します。
  • 国内での肝がん患者の70%は、C型肝炎ウイルス感染者であり、年間3万人の方が肝がんにより亡くなっています。

C型肝炎の治療にはどういった、治療薬が使われていますか

  • C型肝炎の治療薬として、ヘプシビルという治療薬があります。
  • ヘプシビルは、ジェノタイプ1にとても有効的で肝硬変によって肝臓が損傷している場合にも有効的です。ジェノタイプ1は最も典型的なウィルスのタイプです

ヘプシビルについて教えてください

  • ヘプシビルにはソホスブビル400mgが含まれています。
  • ソホスブビルは、C型ウイルスにに作用する核酸型ポリメラーゼ(NS5B)の阻害薬です。
  • このソホスブビルは、世界38カ国で承認されており、これを利用した治療を受けた患者はなんと、16万人以上と推定されています。ソホスブビルは、通常他の医薬品と併用して投与することが多く、これは薬同士の相乗効果を狙って行われています。

ヘプシビルは安全ですか

  • ヘプシビルは、C型肝炎治療薬ソバルディの開発元ギリアド・サイエンシズ社より、ライセンス提供を受け、インドジェネリック製造筆頭格シプラ社が製造するソホスブビル製剤ですシプラ社はインド国内では、発展途上国向けのHIV陽性患者のための低コストの医療薬の製造でも知られています。この、ジェネリックC型肝炎治療薬により、発展途上国による患者の多くが救われています。

ソホスブビルのジェネリック薬「ヘプシビル」は格安医薬品個人輸入代行サイト、「インポートメディカルストア」で購入することが出来ます。